Wednesday, August 21, 2019

ヘイト・クライム禁止法(163)ラトヴィア


ラトヴィア政府がCERDに提出した報告書(CERD/C/LVA/6-12. 10 November 2017

刑法第891条は、特に重大な人道に対する罪、平和に対する罪、戦争犯罪、ジェノサイド、固化に対する重大犯罪を行うことを目的とする犯罪組織の設立、及び当該組織への関与に制裁を科している。

集会・行進・ピケット法第10条2項は、ラトヴィアの独立に反する行為、政治体制の暴力的転覆の煽動、法への不服従の呼び掛け、暴力、国民的憎悪及び人種的憎悪の宣伝、ナチス、ファシズム、コミュニズムのイデオロギーの表明、戦争宣伝、犯罪を称賛し煽動することを禁止している。二○一三年一一月、同法改正により、地方政府は、他人の権利、民主的国家システム、公共の安全、道徳等を危険にさらすイベントを禁止する決定をすることができる。

国内法はヘイト・スピーチ、すなわち社会の集団に対する、公然たる、口頭又は文書による、人種、国民、民族的憎悪の煽動を禁止している。

刑法第78条によると、人種、国民、民族的憎悪を惹起するために特定の意味を有するシンボルや儀式を用いることを犯罪としている。刑法第78条及び第150条(社会的憎悪の煽動)は、暴力や脅迫を刑罰加重事由としている。

刑法第78条は裁判でウエブサイト、ニュース・ポータル、ソーシャル・ネットワークにも適用される。ラトヴィア人、ユダヤ人、ロシア人、ロマに対する事案が裁判例にある。

2006年3月31日、リガ地方裁判所は、3人の被告人を刑法第78条2項で有罪とした。被告人らはスキンヘッド集団のメンバーで、アメリカ大使館勤務の皮膚の色の黒い職員に対して人種主義スローガンを叫び、身体に傷害を加えた。2人の成人に1年の自由剥奪及び3年のプロベーションを言い渡し、1人の未成年に6月の自由剥奪と2年のプロベーションを言い渡した。

2014年1月22日、クルツェメ地方裁判所は1人の被告人に刑法第78条2項の犯罪で判決を言い渡した。被告人はニュース・ポータルで国民、民族、人種的憎悪を煽動し、それは特定の民族に属する人々を標的とする内容であった。

2014年6月6日、ラトガレ地方裁判所は1人の被告人に刑法第78条2項の4月の自由剥奪の有罪判決を言い渡した。被告人はウエブサイトに、特定の民族に向けた消極的攻撃的姿勢をコメントし、公然と消極的憎悪アル意見を助長委、紛争を煽動し、国民憎悪を助長した。

2014年9月18日、ゼメガレ地方裁判所は、憎悪あるコメントの著者が他人の書いた文章を再出版した場合にも、著者には憎悪情報の出版に責任があるとした。

刑事訴訟法第350条は、犯罪を惹起した者によって支払われた賠償が惹起された害悪を補償すると言えないと考えた被害者は、民事訴訟で補償を求める権利を有するとする。

CERDはラトヴィア政府に次のように勧告した(CERD/C/LVA/CO/6-12. 25 September 2018

現行法がヘイト・スピーチに対処し制裁を科すのに適しているかを再検討し、法規制を条約第四条に合致させること。ヘイト・スピーチ事件について、報告、捜査、訴追、判決、制裁に関する信頼できる統計を次回報告すること。ヘイト・クライム/スピーチ事件を確認、登録、捜査、訴追するために研修プログラムを開発すること。政治活動において政治家が行ったものを含むヘイト・スピーチを捜査、訴追、処罰すること。インターネット上のヘイト・スピーチを予防する措置を講じること。

*

Paradis, Noir Divine, Roger Burgdorfer, GE, 2017.
赤い悪魔のラベルのジュネーヴ・ワイン。リーズナブル価格帯ではこれが一番いける。









Tuesday, August 20, 2019

ヘイト・クライム禁止法(162)スウェーデン


スウェーデン政府がCERDに提出した報告書(CERD/C/SWE/22-23. 1 February 2017

前回CERDが裁判官等の研修について勧告を出したので、それへの回答。司法研修アカデミーが裁判官その他の司法職員の研修の責任を有する。アカデミーは裁判官補及び裁判官に人種主義動機によるヘイト・クライムに関する研修を行う。裁判官補の研修は義務的で蟻あり、主に量刑に際して人種主義その他のヘイト動機を考慮に入れることに関係する。裁判官への義務的研修はないが、裁判官自身の判断でアカデミーの研修に参加することを積極的に選択する。研修科目の一つは異なる経験を有する複数の裁判官が適切に職務に当たることが出来るようにするものである。

前回、人種主義組織や過激組織についてのCERD勧告が出た。人種主義表現の実効的な禁止についてはこれまで何度も報告した通りである。

国民又は民族集団に対する煽動に関する規定は、人種主義言説の流布、一般公衆や集団の間における脅迫を犯罪化しており、特に重要である。1989年以前は、当該メッセージが一般公衆の間に流布されなければならなかった。1989年改正はこの要件を取り除き、組織内の言説も刑事責任を問われることがある。

人種主義集団の活動と闘う刑法規定がある。違法な軍事活動の禁止、叛乱の煽動の禁止である。スウェーデン刑法の共犯規定は射程が広く、犯罪実行の教唆、幇助、未遂、予備、共謀が規定されている。犯罪の予備段階での規制により、組織された集団内での計画や実行が犯罪となる。


Monday, August 19, 2019

多面的かつ深みのある「護憲派列伝」


佐高信『反-憲法改正論』(角川新書)

2013年に光文社から出た『この人たちの日本国憲法』を大幅に加筆したもので、そちらも読んだはずだが、アベ改憲の危機に直面している状況に変わりがないので、本書も大いに読まれるべきだ。

「いわゆる革新派だけが護憲を叫んできたのではない」という著者は、元首相の宮澤喜一、元法相の後藤田正晴、元官房長官の野中広務を取り上げる。いずれも自民党の政治家だが、アベ流の改憲にはもちろん反対である。戦争体験や、政治家としての経験を踏んで、彼らは護憲を唱えてきた。こうした骨のある政治家がいなくなった自民党こそ問題である。

澤地久枝、井上ひさし、城山三郎、吉永小百合は、誰もが直ちに、そうだね、護憲派だね、と理解するだろうが、佐橋滋、三國連太郎、美輪明宏、宮崎駿、中村哲と並べられると、ああ、この人達も護憲派なんだと、ほっとするのではないだろうか。

著者の巧みなところは、憲法論を展開するのではなく、それぞれの人物のエピソードを紹介しながら話を進めるところだ。そのエピソードが実にはまっている。はまっていないように見える話もあるが、実はよく読むと、なるほどと納得させられる。単にこんなエピソードがありますよと言うのではない。いまこの時に、護憲派のために、このエピソードを知って、読者はさらに深めよ、と言っている。著者らしい力のこもった新書だ。

Apologia Sion 2018.

ヘイト・クライム禁止法(161)モンゴル


モンゴル政府がCERDに提出した報告書(CERD/C/MNG/23-24. 12 November 2018

前回審査の結果、CERDはモンゴル政府に、条約4条に従って人種主義ヘイト・スピーチを禁止するよう勧告した。2015年制定、2017年施行の刑法改正は、第14章「人格的政治的権利と自由に対する犯罪」、14章1条「差別」、14章2条「情報を求める権利の妨害」、14章3条「表現及びプレスの自由権の侵害」、14章4条「良心と宗教の自由権の侵害」を定める。刑法14章1条は、国籍、民族、言語、人種、年齢、ジェンダー、社会的背景・地位、財産、職業、職務の地位、宗教、意見、教育、性的志向、健康状態に基づいて人々の権利と自由に対する差別や制限、は、450~5400ユニットの罰金、又は240~720時間の社会奉仕命令、又は1月以上1年以下の旅行禁止に処する。

刑法19章9条は、「国民統合の妨げ」であり、国民、民族、言語、人種又は宗教的敵意及び憎悪を人々の間にかき立てるプロパガンダ、及び分離主義、差別、虐待、制約の助長、唱道する活動の組織化は、5年以上12年以下の刑事施設収容とする。

2017年9月の司法大臣命令によって、刑法、刑事訴訟法、犯罪法、犯罪手続き法、執行法等の効果的履行のための作業部会が設置された。

上記犯罪に関連して、モンゴルには登録上違法な犯罪組織は存在しない。ナショナリズムを唱道する集団や運動は18団体の登録がなされている。そのうち8団体は、ダヤール・モンゴル、ツアガーン・カース、タリン・ツーヴー・チョノ、カース・モンゴルなどである(*これらの発音も意味内容もわからないが)。NGO法第6条に基づいて登録したNGOについては、一定の場合に裁判所が解散を命じることができる。刑法第9条2項は、法人の刑事責任を定める。

ダヤール・モンゴルについて、(前回報告書において解散するか否かの手続きが始まったと報告したが)解散させていない。

Sunday, August 18, 2019

パウル・クレー・センター散歩


パウル・クレー・センターは他の美術館よりも入場料が高いが、今回はなぜか入場無料だった。2つある展示ホールのうち1つは閉館となっていて、次の展示の準備中だったためだろうか。開館となっているほうは「カンディンスキー、アープ、ピカソなど、クレーと友人たち」という展示だった。

ホールはいくつものブロックに区分けされている。その一つひとつで、友人の画家とクレーの両者の作品が並べて展示されている。

最初のブロックは、画家修業中からの友人のフランツ・マルク。1912年に青騎士第2回展覧会の時にマルクとクレーが会っている。マルクは1916年になくなったので、4年ほどのつきあいだ。後にクレーは「M」という作品を描いたが、マルクのことだ。また、マルクの「動物」が火災で損傷したときに、マルク夫人の依頼を受けてこれを修復したのはクレーだ。バーゼル美術館にある。他方、クレーがヴォルテールの「キャンディード」のために描いた挿絵の出版は、マルクが出版社を紹介したという。

ミュンヘンでの青年時代の友人はアレクセイエフ・ジョレンスキーだ。そのパートナーのマリアンヌ・ヴェレフキンも画家なので、2人の作品が展示されていた。20年ほどの間に、クレーとジョレンスキーは33の作品を贈り合ったという。

といった具合に、いろんな時期の友人達が次々と登場する。チュニジア旅行を共にしたマッケとモワイエ、バウハウスで一緒だったカンディンスキー、チューリヒ・ダダのハンス・アープとそのパートナーのゾフィー・トイバー・アープ、キュビズムとの出会いはピカソ。入口にはクレーを中心に友人達の名前を配置した一覧の大きな図がおいてあった。バウハウス仲間としてはカンディンスキーや、ヨハネス・イッテンらの名前と共に、アンニ・アルバースの名前もあった。アルバースについては、元同僚だった中野恵美子が翻訳を出したので、知っていた。


クレーの絵画作品とスケッチがたくさん展示されていたが、天使シリーズが1つもなかった。指人形もなかった。どちらも世界のどこかに貸出し中なのだろう。

Les Faunec Syrah Geneve 2016.

「差別の向こう側に、戦争と殺戮が見える」


安田浩一『愛国という名の亡国』(河出新書)



ヘイト・スピーチを追いかけてきたジャーナリストの安田だ。外国人労働者の人権問題を永年追跡してきたのも安田だ。沖縄の2紙に対するバッシングに対抗して沖縄の状況を取材したのも安田だ。他方で、日本の右翼の歴史も探求してきた。

その安田が各紙に掲載してきた文章をまとめて編集すると、こうなる。「愛国のラッパが鳴り響く」日本の病理を徹底解剖し、これ以上、この社会を壊さないために論陣を張る。

「ヘイト・スピーチは社会を壊す」というのは、私が2010年に出した『ヘイト・クライム』以来ずっと主張していることだが、ジャーナリストで同じことを敏感に受け止め、永年現場で取材し、警鐘を鳴らしてきたのが安田だ。

本書も2009年の蕨市事件、在特会らのデモを振り返ることから始まる。「あのデモがエポックだった」というのは、ヘイト団体にとっても、反ヘイトの市民にとっても、共通の認識ではある。ヘイト・スピーチ事件はそれ以前からずっと続いていたが、路上で公然と組織的にヘイトデモを行い、盛り上がりを見せるようになったのは蕨市事件からだろう。現場で情勢の変化と気持ちの悪さをつぶさに体感した安田のその後の反ヘイトジャーナリズムの原点だ。見せかけの中立公正ではなく、反差別のジャーナリズムを現場で紡いでいく。

在日朝鮮人、移住者、沖縄住民、生活保護受給者をターゲットとした差別とヘイト。

ヘイトを煽る政治家、文化人、メディア。ネトウヨと結びつく右翼。

分かりやすい構図が先にあるわけではない。一つ一つの現場で取材した結果が、やはりこの分かりやすい構図を裏書きする。だからといって、構図を提示しておしまいというわけではない。安田は日本政治と社会の「現在地」を追いかける。彼らの中にあり、私たちの中にある「現在地」。

「差別の向こう側に、戦争と殺戮が見える」という安田は、その視線を過去、現在、未来に配しながら、「『愛国』の合唱に飲まれることなく、勇ましい言葉に引き寄せられることなく、「排除の論理に絡めとられることなく」、書き続けるという。

週刊誌記者時代以来、「面倒なやつだと思われることはあっても、『できる記者』だったと評価されたことは、たぶん、ない」という安田だが、「できる記者」になんてならなくていい。バランス良く中立のふりをして最後は権力に奉仕する「できる記者」は掃いて捨てるほどいるのだから。



Domaine des Charmes, Geneve 2017

Thursday, August 15, 2019

ネット時代の暗黒の思想を学ぶ


木澤佐登志『ニック・ランドと新反動主義』(星海社新書)

サブタイトルは「現代世界を覆う<ダーク>な思想」。著者はブロガー、文筆家で、思想、インターネット文化、ポップカルチャー、アングラカルチャーが縄張り。著書に『ダークウイェブ・アンダーグラウンド――社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』(イースト・プレス)があるという。

知らない出版社、知らない著者だが、書店に山積みになっていた。

「ニック・ランドを知らずして現在と未来は語れない」とある。ニック・ランド、知らない。

「あのピーター・ティールから遡るその新反動主義・加速主義」とある。ピーター・ティール、知らない。新反動主義も加速主義も知らない。

かなり遅れてる。勉強しなくては、というわけで読んでみた。

まず何よりも読みにくい本だ。文章が、ではない。装幀というか、表紙だけでなく、本文頁も真っ黒だ。真っ黒の中に白い部分があり、そこに活字が並ぶ。ページをめくってもめくっても、黒、黒、黒。なにそろ<ダーク>な思想だ。暗黒啓蒙だ。ひたすら「黒く塗れ」という本だ。思想の黒さが伝わらないと不安になって、物理的に黒くしたのだろう。読むのに忍耐がいる。名は体を現わすのか、体は名を現わすのか。
リベラルな価値観に否を突きつける新反動主義、暗黒啓蒙の旗手は、ピーター・ティール、カーティス・ヤービン、ニック・ランドだという。ネットでDark Enlightenmentで検索すると確かに出てくる。反民主主義で、反啓蒙主義で、近代にノーを突きつける。

そうした雰囲気が、哲学、思想、SF小説、音楽、映像等多様なジャンルに影響を与えているようだ。他方で、カント批判や、マルクスからの引用や、ドルーズ&ガタリ、リオタールまで登場する。日本ではこれまでまとまった紹介がなされてこなかったが、仲山ひふみ、桜井夕也などが詳しいようだ。

近代にノーというのは、歴史的にいくらでもあったと思うが、本書では、それらとの関係は解説されていない。