Sunday, November 25, 2018

フクシマ原発事故の真相に迫る闘いの書


海渡雄一『東電刑事裁判で明らかになったこと』(彩流社)


<3・11直後から「想定外の事故」と喧伝されたが、事実は正反対であり、大ウソだった。

津波計算から事故当時まで、会社の経営の最高責任者であったり原発の安全対策を担当していた元役員3名(勝俣恒久、武黒一郎、武藤栄)が被告人となっている刑事裁判が現在おこなわれている。

この状況を、市民にむけ、争点のポイントや現時点までに明らかになっていることをわかりやすくまとめた本書を読み、経緯をウォッチしていこう!>


東京地検は日産のゴーンを逮捕したが、そんな暇があれば、勝俣、武黒、武藤を逮捕すべきだ。ゴーンの行為が犯罪だとしても、逮捕容疑は「形式犯」にすぎない。被害があったとしても財産被害に過ぎない。東電の犯罪は、多くの人々の命を奪い、自殺に追い込み、暮らしを破壊した。どちらが深刻重大な犯罪なのか。

東京地検は、勝俣らを逮捕せず、起訴もせずに、巨悪を見逃した。巨悪のお仲間だからだろう。これに対して、海渡弁護士らが刑事告訴し、不起訴決定に対して検察審査会に持ち込み、ついに起訴強制となり、刑事裁判が続いている。本書は、現在進行中の刑事法廷で明らかになった新証拠を紹介・分析し、「予見・回避可能だった原発事故はなぜ起きたか」を解明している。

原発事故を回避することは容易であった。東電内部でもそのための議論が行われていた。これを覆したのは、ひたすらおカネのためだった。その結果、膨大な土地に人間が住めなくなり、人々の暮らしが奪われた。政府事故調や国会事故調の後、閉ざされようとした真相解明の努力が続けられている。その成果が本書である。

Saturday, November 24, 2018

市民のための実践国際人権法講座 先住民族の権利と日本の責任2


市民のための実践国際人権法講座第13回



先住民族の権利と日本の責任2

琉球民族の権利



日時:2019年1月13日(日)14:00~16:30(会場3:30)

会場:西部コミュニティセンター(武蔵野市境5-6-20)

JR武蔵境駅から徒歩15分(約1キロ)

小田急バス5分(西部コミュニティセンター下車)

参加費:500円

講師:前田朗(東京造形大学教授)



国連先住民族権利宣言に照らして琉球/沖縄の人々の人権状況を考えます。日本政府は先住民族権利宣言に賛成しましたが、琉球人を先住民族と認めていません。

人種差別撤廃条約に基づく人種差別撤廃委員会は、琉球人の先住性を認めるよう勧告しています。琉球への米軍基地押し付けに見る「構造的差別」問題を人権論から再検討しましょう。



前田朗:1955年札幌生れ。日本民主法律家協会理事、国際人権活動日本委員会運営委員、救援連絡センター運営委員。著書に『戦争犯罪論』(青木書店)、『軍隊のない国家』(日本評論社)、『非国民がやってきた!』(耕文社)、『人道に対する罪』(青木書店)、『9条を生きる』(青木書店)、『増補新版ヘイト・クライム』(三一書房)、『国民を殺す国家』(耕文社)、『パロディのパロディ――井上ひさし再入門』(耕文社)、『ヘイト・スピーチ法研究序説』(三一書房)、『ヘイト・クライムと植民地主義』(三一書房)。



主催:沖縄と東アジアの平和をつくる会

Twitter : @OkinawaEastasia

Mail : okinawa.eastasia@gmail.com


新段階に突入した東京裁判研究


D・コーエン&戸谷由麻『東京裁判「神話」の解体』(ちくま新書)



<東京裁判は「勝者の裁き」であり、インド代表パル判事とオランダ代表レーリンク判事の反対意見は、その欺瞞を暴き出すものだとの論が日本の国内論議で長くみられた。だが、パルやレーリンク意見には重大な誤謬と恣意性があり、東京裁判の功績と問題点の歴史的・法理学的理解を大きく歪めている。東京裁判研究者の戸谷と国際法の大家コーエンが、従来見過ごされてきたウェブ裁判長による判決書草稿を読み解き、東京裁判の過程を再検証する。判決から七〇周年を迎えた今、知られざる真相を解明する。>


日本では、「東京裁判史観批判」が膨大に出版され、パルを名判事と持ち上げ、ウェブ裁判長を誹謗中傷してきた。その多くは東京裁判の基礎的理解すら怪しい上、当の判決を読んだかどうか疑われる水準である。日本の戦争犯罪を隠蔽し、消去することだけを目的として、「東京裁判研究」とは言えない、身勝手な議論が幅をきかせてきた。

本書は、東京裁判、BS級裁判、ニュルンベルク裁判に通暁した二人の著者が、さらには旧ユーゴスラヴィア国際法廷、ルワンダ国際法廷、国際刑事裁判所に至る国際刑法の発展も踏まえて、歴史的かつ現在的な課題として、東京裁判研究に新しい一歩を踏み出してみせる。その背景には、英語で出版された大著The Tokyo War Crimes Tribunal: Law, History, and Jurisorudenceがあるという。同書を入手していない。著者のコーエンはカリフォルニア大学バークレーの教授で国際法の大家、戸谷はハワイ大学教授の歴史家で、『東京裁判』『不確かな正義――BD級戦犯裁判の軌跡』の著者。


本書は、東京裁判に関する「神話」のうち、パル、レーリンク、ウェブという3人の判事に対する評価を俎上に載せる。

「日本無罪論」で有名なパルは、日本では素晴らしい国際法の大家として遇されている。しかし、ひとたびパル判決を読めば、およそ刑事法廷の判決と呼ぶに値しない粗野な政治論議が展開されているに過ぎないことは明白であった。本書は、パルが「東京裁判」とは異なる「別の将来の法廷」のための判決としてイデオロギーに満ちた判決を書いた理由を探る。

一方、レーリンク判事も被告人のうち文官について無罪と判断したため日本ではきわめて評価が高い。本書は、レーリンク判決の中身に立ち入り、やはり国際法と刑事法の法理という点では合格点に達していないことを丁寧に論証している。

他方、ウェブ裁判長については、被告人らを有罪とした「多数意見」の主として批判され、特に共同謀議論への批判が集中してきた。しかし、実はウェブは「多数意見」とは異なる法理を有していた。法理としては異なるアプローチをしていたが、結論は多数意見と共通するため、ウェブは自分の判決草案を引き下げた。タイプライターで600頁を越える判決書草稿である。本書はウェブの判決書草稿を取り上げ、内容を詳しく紹介する。そこでは、まさに刑事法廷の判決書として完備した体裁と内容の法律文書を見ることができる。パルやレーリンクと異なり、多数意見とも異なり、ウェブだけが本格的な法理論を適用した見事な刑事判決を起草していたのだ。


若干のコメント。

第1に、本書は東京裁判に関する実証的かつ理論的研究である。英語の大著の一部をもとに、新書として構成したもので、主題を絞り込んでいる。分析もシャープである。

第2に、これまで紹介されてこなかったウェブ判決書草稿をもとに、判決形成過程の具体相を解明しているこれにより、東京裁判の総合的研究に一段階を画したものだ。

第3に、法律家と歴史家の共同研究の成果として、法理論と歴史の双方にわたって精密かつ説得的な議論が展開されている。

第4に、1990年代のユーゴスラヴィア国際法廷、ルワンダ国際法廷、国際刑事裁判所似始める現在の国際刑法の飛躍的発展状況を踏まえて、現在の研究水準から東京裁判を検証するという国際的動向にも大きな前進となる。


著者の一人・戸谷には一度お目にかかったことがある。17年12月2日、一橋の如水会館で開催されたラッセル法廷50周年シンポジウムに、戸谷も私も報告者として参加したからだ。その記録は、『歴史評論』823号(2018年11月号)に掲載されている。


Thursday, November 22, 2018

目取真俊の世界(11)語り得ない暴力の記憶と身体


目取真俊『眼の奥の森』(影書房、2009年/新装版、2017年)


米軍占領下における性暴力事件を素材に、レイプ被害者、その周囲の少年たち、家族、村人たち、及びレイプ犯の米兵らの視点から、事件とその影響を多面的重層的に描いた作品である。『虹の鳥』と双璧をなす「傑作」である。

カギ括弧つきで「傑作」としたのは、沖縄の近現代史を文学作品で描き出すのに、ここまで書かなければならないこと、に留意したいからだ。『虹の鳥』や『眼の奥の森』を書かなければならなかった文学者の思いを、読者がどこまで読み取れるか。本土の読者に果たしてどこまで届いているか。こうした問いを繰り返さなければならないからだ。


聞こえるよ(ちかりんどー)、セイジ。


レイプ被害を受け、村人からも隔離され、産んだ赤ん坊も取り上げられ、錯乱したまま人生を過ごした女性の、半世紀も後の言葉が、戦争と暴力、憎悪と屈辱、時代の闇を、微かに、ほんの微かに、しかし確かに切り裂き、その先に「光」を送り届ける。

米軍の暴力に押しつぶされそうな村で、たった一人、復讐に立ち上がった盛治の闘いは、凄惨と無残の果てに打ち捨てられるが、それでも人々の魂を揺さぶり続ける。

盛治の悲痛の叫びは、小夜子には届いていた。


聞こえるよ(ちかりんどー)、セイジ。


これほど悲しいつぶやきを、限界を突き破った文学者だけが書き記すことができる。だが、それは文学者にとって幸せなことだろうか、不幸なことだろうか。


Saturday, November 17, 2018

朝鮮訪問のジョイント報告会


朝鮮訪問のジョイント報告会のご案内



植民地支配の清算は戦後日本の最も重要な課題であったはずです。しかし未だに朝鮮との国交正常化は実現されず、朝鮮は未知の国のままです。朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮)を訪問し現地で見聞きし感じたことを二人の報告者から伺い、参加者といかに朝鮮と向き合うのかについて話し合いたいと願っています。

当日は、朝鮮への粉ミルク支援を続けてきた米津さんから、最新の朝鮮の状況を平壌と元山の育児院(孤児院)や障がい児回復院などの現場訪問をして撮影された40分の映像(『ハンクネット(朝鮮人道支援ネットワーク)第10次訪朝記(2018)』)を観た後に詳しくお話を伺います。



日時:11月24日(土)、18時ー21時30分

場所:品川区立総合区民会館きゅりあん第1講習会室(JR大井町駅徒歩3分)

参加費: 300



報告者

米津篤八:朝日新聞社勤務を経て、朝鮮語翻訳家。ソウル大学大学院国史学科(韓国現代史)修了後、一橋大学大学院社会学研究科(朝鮮近現代史)博士課程在学中。訳書に『夫・金大中とともに』『ファン・ジニ』(朝日新聞出版)、『チャングム』(早川書房)など。人道支援団体「ハンクネット・ジャパン」メンバーとして訪朝経験7回。



崔勝久(チェ・スング):日韓・韓日反核平和連帯事務局長、NPO法人NNAA理事。ICU卒業後、在日大韓基督教会「在日韓国人問題研究(RAIK))初代主事、社会福祉法人青丘社主事を経て国際連帯運動を提唱、反原発・反差別運動に従事。『日本における多文化共生とは何か』(新曜社)『戦後史再考』(平凡社)の共同筆者。9月に初訪朝。



主催:NPO法人NNAANo Nukes Asia Actions)

連絡先:che.kwsk@gmail.com, 090-4067-9352

軍備拡大と改憲・戦争への道を許すな! 「明治150年」徹底批判! 11.30


軍備拡大と改憲・戦争への道を許すな!

「明治150年」徹底批判!

侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる国際シンポジウム



1130日(金)

衆議院第1議員会館のロビーで午前・午後の開始30分前から入場カードの配布をしま


▼午前:10時(開場940分)

会場:衆議院第1議員会館・B1・大会議室

  ●韓国・中国の侵略被害者の証言を聞く集い



▼午後:14時(開場1330分)

会場:衆議院第1議員会館・B1・大会議室

総合司会:坂本洋子(ジャーナリスト)

◎基調講演①: 内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)

   サンフランシスコ講和体制を考える

    戦争裁判・賠償そして日米安保条約

◎基調講演②: 田中宏(一橋大学名誉教授)

   継続する植民地主義と朝鮮学校差別

●韓国・中国からの発言

●総括発言:林郁(作家)



アジアと日本の連帯実行委員会

☆連絡先  E-mail e43k12y@yahoo.co.jp  

携帯 : 090-3163-3449  



主催:アジアと日本の連帯実行委員会

代表呼びかけ人

鎌田慧(ルポライター)

鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)

田中宏(一橋大学名誉教授)

内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)

高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)

鳥越俊太郎(ジャーナリスト)

山田朗(明治大学教授)

高野孟(インサイダー編集長、ザ・ジャーナル主幹)

前田朗(東京造形大学教授)

藤田髙景(村山首相談話の会・理事長)


Friday, November 16, 2018

軍備拡大と改憲・戦争への道を許すな! 「明治150年」徹底批判!


軍備拡大と改憲・戦争への道を許すな!

「明治150年」徹底批判!

侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる国際シンポジウム



1129日(木)14時(開場1330分)

会場:衆議院第1議員会館・B1・大会議室

1330分から衆議院第1議員会館のロビーで、入場カードの配布を開始します。



総合司会:市来伴子 (杉並区議会議員)

主催者挨拶:藤田髙景 (村山首相談話の会) 

連帯のご挨拶 野党各党、福山真劫・平和フォーラム共同代表

基調講演:  

「明治150年」史観批判―近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制―

山田朗(明治大学教授)



※ 韓国・中国の戦争被害者の発言があります



アジアと日本の連帯実行委員会

消防法の関係で会場は300人定員です。定員になりしだい締め切りますので、恐縮で

すが、大至急、下記のメールアドレスまで、出席申し込みをお願いいたします。

☆連絡先  E-mail e43k12y@yahoo.co.jp  

携帯 : 090-3163-3449  



主催:アジアと日本の連帯実行委員会

代表呼びかけ人

鎌田慧(ルポライター)

鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)

田中宏(一橋大学名誉教授)

内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)

高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)

鳥越俊太郎(ジャーナリスト)

山田朗(明治大学教授)

高野孟(インサイダー 編集長、ザ・ジャーナル主幹)

前田朗(東京造形大学教授)

藤田髙景(村山首相談話の会・理事長)