Thursday, January 10, 2019

ヘイト・クライム禁止法(148)オーストラリア


オーストラリア政府が人種差別撤廃委員会に提出した報告書(CERD/C/AUS/18-20. 15 March 206)によると、委員会はオーストラリアに条約第四条(a)の留保撤回を勧告したが、留保撤回の意思はないとしている。連邦レベルでは、一九七五年の人種差別法が人種憎悪の民事規制をしている。オーストラリア人権委員会には人種差別被害申立てを調停する権限がある。調停が不備に終わった場合、連邦裁判所における法手続きを開始することができる。人権委員会には、人種差別被害申立人のジェンダーや宗教を公表する権限はない。人権委員会の年次報告書によると、二〇一三~一四年、申立件数は二、二に三件であり、うち三八〇件が人種差別法に基づく。七一%で調停が成立した。

一九九五年の刑法典のもとで、人種、宗教、国籍、国民的又は民族的出身、政治的意見によって識別される集団に対する暴力を促すことは犯罪である。二〇一〇年、人種、宗教、国籍、国民的又は民族的出身、又は政治的意見に基づいて、集団又は集団構成員に対して実力又は暴力を行使することを促すことを犯罪化した。北部領域以外のすべての州および領域が人種憎悪を刑事又は民事規制する規定を設けている。

クイーンズランド州では、二〇〇一年以来、一九九一年の反差別法に、重大な人 種中傷の犯罪を導入している。同法一三一条Aは、公然たる行為によって、人種又は宗教に基づいて人又は集団に憎悪を煽動し、重大な侮辱をし、重大な嘲笑をしてはならないとしている。それには人または財産に対する物理的な害悪の脅迫、その煽動が含まれる。最高刑は七、九六九.五〇ドルの罰金、又は六月以下の刑事施設収容である。ただし、実際の訴追例はない。

人種差別撤廃委員会はオーストラリア政府に次のように勧告した(CERD/C/AUS/CO/18-20. 26 December 2017)。条約第四条(a)の留保は人種憎悪の制裁や被害者の救済に悪影響を与えている。条約第四条(a)の留保を撤回すること。人種主義と闘う措置を効果的に履行し、グラスルーツの組織や代表と連携すること。反レイシズム国家戦略のような措置を講じること。一般的勧告第三五号を想起して、「多文化オーストラリア――連合、強化、成功」政策の反テロ及び国家安全保障条項を見直し、アラブ人やムスリムを標的とした法執行官による民族・人種プロファイリングを禁止すること。人種主義ヘイト・スピーチや排外主義的政治発言と闘う措置を強化し、ヘイト・スピーチを公的に否定し、非難すること。一九ナナ五年の人種差別法第一八条のような反差別条項を実効的にすること。印刷物や電子メディアにおける人種主義ヘイト・スピーチを終わらせること。公衆、公務員及び法執行官に文化的多様性と民族相互理解を啓発すること。現代人種主義に関する特別報告者の勧告を検討し、履行すること。


Wednesday, January 09, 2019

ヘイト・スピーチ研究文献(118)東京都条例批判


足立昌勝「東京都五輪『人権』条例を法的に批判する」『紙の爆弾』2019年2月号


2018年10月5日に東京都議会本会議で可決された「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」(2019年4月1日施行予定)を検討している。

第1に、足立は、東京都の説明で主に取り上げられているのが「性的志向」だけという実態を指摘し、「オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」と言えるのかと疑問を呈する。オリンピック憲章では、人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的又はその他の意見、国あるいは社会的な出身、財産、出自やその他の身分などの理由による、いかなる種類の差別も受けることなく、とされている。東京都条例は、これらの列挙を排除して、「多様な性の理解の推進」を一つの柱とし、二つ目の柱がヘイト・スピーチとなっている。

第2に、ヘイト・スピーチに関連して、足立は、東京都条例第3章第9条2号の定義規定が「不当な差別的言動」としているが、その定義はヘイト・スピーチ解消推進法にゆだねられているうえ、法律の審議については「この法案の審議はほとんど行われず、在日の人たちに対する差別がなくなるのであれば良しとする風潮の中で成立したものであり、概念的には多くの問題を含んでいる」として、特に「本邦外出身者」の問題を指摘する。「本邦」の範囲は全く不明確であり、これが法律に明記されることなど、法律家にとっては驚愕するしかないからである。また、アイヌ、沖縄等の問題が抜け、「平等主義が欠落」している。「インターネットによる方法」「公の施設において不当な差別的言動」「都民等」など、非常に不明確な概念が多用されていると批判する。

第3に、足立は、条例制定過程に疑問を呈する。東京都人権部長によると、14名の専門家の意見を聴取したとされているが、「ここには、ヘイト研究の専門家が誰一人として呼ばれていないことに注意する必要がある。都は、聴取にあたり専門家が発言した内容を、総括的ではなく個別的に開示し、条例作成の経緯を明らかにすべきである」という。足立は、大阪市条例や、国立市人権基本条例にも言及し、国立市条例のほうがオリンピック憲章に合致していると見る。


東京都条例制定時、私は最も多忙な時期で、残念ながらほとんどフォローできなかった。「ヘイト研究の専門家」で、きちんとフォローしていた人物もいたが、都には呼ばれなかったのだろうか。


概念の不明確さは足立が指摘する通りである。本邦外出身者のように、法制定に賛成の側からも反対の側からも批判の出た例が少なくないと思う。私も法律についてはいくつかの批判をしてきた。条例制定の際に法律を前提とするのはそれなりに合理性があるので、東京都条例の場合、やむを得ないともいえる。都議会がきっちり調査・検討して、独自の概念を採用することもできるはずだが、それには相当の時間と力量を要する。おおもとの法律の不備である。

「インターネットによる方法」については、たしかに概念定義が困難であるが、国際的には多くの前例があるので、これに学んでいけば運用は可能だろう。「公の施設において不当な差別的言動」も不明確だが、国の指針、弁護士会意見書、川崎市のガイドラインなど解釈・運用のための提言はいくつも出ている。「本邦」「都民等」の不明確さは、法制定や条例制定の拙速主義と言う面もあるかもしれないが、法律も都条例も刑罰規定を含まず、理念を掲げるものに過ぎないから、現状としてはこんなものかな、というのが私見である。

「インターネットによる方法」「公の施設において不当な差別的言動」については、内外の法規範や運用実態の調査をさらに徹底して進める必要がある。

Monday, January 07, 2019

愉快な希望のアナキズム


栗原康『アナキズム 一丸となってバラバラに生きろ』(岩波新書)


『はたらかないで、たらふく食べたい』『大杉栄伝』『村に火をつけ、白痴になれ』の著者の最新刊。これまでの著書で繰り返してきたアナキズムの主張を手際よくまとめた入門書である。いつもの栗原節が炸裂する。暴走する。

「自然とは暴動である」「ファック・ザ・ワールド」「やられなくてもやりかえせ」「われわれは圧倒的にまちがえる」「あらゆる相互扶助は犯罪である」。

正しさをぶち壊し、あらゆる支配を拒否し、自由の名による自由の抑圧に抗し、アナーキーな精神を歌い、叫び、笑い、理論武装し、実践する。生きる。とにかくおもしろい。笑える。柱はしっかりしているから、筋を間違えることなく一直線。

制度としてのアナキズムではなく、生き様としてのアナキズムに焦点を当てているので、パリ・コミューンや、2018年のパリや、エマ・ゴールドマンなどの史実に詳しく言及するが、圧倒的な暴力の事実の紹介と、それへの共感の表明はあるが、暴力や破壊を直接呼びかけるわけではない。まして組織化することは否定する。

それゆえ、現実を変革することではなく、解釈を変革することに力点が置かれる。意識を変革すれば現実を変革したように思うこともできないわけじゃない、というわけだ。社会変革の理論と実践の大いなる失敗の歴史を踏まえて、著者は、永遠のマスターベーションとしてのアナキズムを構築する。

「ユートピアだ。コミュニズムとは絶対的孤独である。それは現にある秩序をはみだしていこうとすることだ。かぎりなくはみだしていこうとすることだ。あらゆる相互扶助は犯罪である。アナーキーをまきちらせ。コミュニズムを生きてゆきたい。」

最後の一文に厳密に表明されているように、「現にある秩序をはみだす」ことではなく「はみだしていこうとすること」が目標とされる。「かぎりなくはみだす」ことは慎重にしっかり回避し、「はみだしていこうとすること」だけが語られる。永遠のマスターベーションこそ希望のアナキズムなのだろう。

Saturday, January 05, 2019

ヘイト・クライム禁止法(147)アルジェリア


 アルジェリア政府が人種差別撤廃委員会に提出した報告書(CERD/C/DZA/20-21. 23 August 2016)によると、二〇一四年二月四日改正の刑法第二九五条bis一項(三)は、人種又は民族性に基づいて人又は人の集団に対する憎悪又は差別の公然煽動、及びこの目的のための活動を組織、助長、激励又は宣伝を行うための企行を犯罪としている。刑罰は六月以上三年以下の刑事施設収容及び五万以上一五万以下のアルジェリア・ディナールの罰金である。

刑法第二九五条一項の定義する差別行為を行った場合は一五万以上七五万以下のアルジェリア・ディナールの罰金である。個人又は団体の名誉又は評価を毀損する行為は言説、叫び、脅迫、文書、サイン又は告知による場合、刑法第二九六条により犯罪とされる。

刑法第二九八条は、個人に対する中傷を二月以上六月以下の刑事施設収容及び/又は二万五千以上五万以下の罰金とする。被害者による赦しがあれば刑事手続きは終了する。民族、信仰又は宗教を基にする一人又は複数人への中傷が、市民の間に憎悪を助長する意図を持っていれば、一月以上一年以下及び/又は五千以上五万以下の罰金である。

刑法第二九八条bisによると、民族、信仰又は宗教に基づいた一人又は複数人への侮辱は五日以上六月以下の刑事施設収容及び/又は五千以上五万以下の罰金とする。

刑法一六〇条は、墓地の恣意的汚損、破壊、冒涜を犯罪とし、刑法第一五〇条は墓の損壊を犯罪とする。

その他かに人種差別煽動行為の規制として、組織の権利の行使(一九九〇年六月二日の法律)、政党(二〇一二年一月一二日の法律)、公開集会・デモ(一九八九年一二月三一日の法律)がある。

人種差別撤廃委員会はアルジェリア政府に次のように勧告した(CERD/C/DZA/CO/20-21. 21 December 2017)。

委員会の一般的勧告第三五号に照らして、アマジー人や被害を受けやすい集団に対する公衆によるヘイト・スピーチを非難し、これと距離を置くこと。ソーシャル・ネットワーク等メディア及びスポーツ施設におけるヘイト・スピーチと闘うこと。特定の人種又は皮膚の色や民族の異なる特定の集団に対する、あらゆる種類の人種的動機による言説、暴力行為、並びにそれらの行為の煽動を捜査し、実行者を訴追・処罰するために実効的な措置を講じること。人種主義やヘイト・スピーチと闘う公衆の意識啓発キャンペーンを行い、移住者の権利を促進すること。

Friday, January 04, 2019

目取真俊の世界(13)汚物と天皇と哄笑と


目取真俊短編小説選集1『魚群記』(影書房、2013年)


著者20歳代の短編を集めた1冊で、『平和通りと名付けられた街を歩いて』収録の5作に、「風音」「発芽」「一月七日」の3作を加える。

目取真俊『平和通りと名付けられた街を歩いて』(影書房、2003年)



人類史上特筆される無責任人間の息子から孫への仮面伝承の一年になる2019年の正月に読むべき著書の代表として本書をあげることができるだろう。深沢七郎、大江健三郎、桐山襲に連なる哄笑文学だ。

「平和通りと名付けられた街を歩いて」は、「何で私たちがコータイシデンカのために仕事休まんといかんね、ひん?」という問いとともに、ひめゆりの塔火炎瓶事件を想起させる。1983年7月13日に「献血運動推進全国大会」の訪沖、糸満市摩文仁の沖縄戦没者墓地、沖縄平和祈念堂、ひめゆりの塔参拝のパレードに向けた民衆の決起は、少年の唾とオバーの汚物という「同時多発テロ」として現象する。アキヒトとミチコの乗った車の窓ガラスに汚物をなすりつける騒動で終わる本作品を、1983年から35年を経て、いま、どのように読むべきか。「おばー、山原(やんばる)はまだ遠いかなー」。目取真少年のつぶやきのような問いに、やまとんちゅはまだ答えていない。

「一月七日」は、早朝のセックスの後、女が「ねえ、天皇陛下、死んじゃたんだってさ」と告げる。「おい、ホーギョって何だ」と聞き返す主人公は、責任無能力人間がこの世を去った一日を、タクシーで国際通りに出かけ、パチンコ屋が「自粛」のために閉店していたため、ポルノ映画を観、壺屋のおじいの家に遊びに行き、平和通りでよれよれの新聞を拾って「へーセー」を知り、マクドナウドで高校時代の友人の暴力事件に遭遇し、アメリカーの銃乱射に驚き、最後は自ら暴力事件を引き起こす。「昭和って、たくさん人が死にましたね」。壊れた椅子、テーブル、硝子の破片、糞、小便、涎、血にケチャップ。やじ馬のざわめき、拡声器でがなりたてる声、救急車やパトカーのサイレンにクラクション。富士には月見草が似合うが、天皇には汚物が似合うのだろうか。1989年のスラップスティックから30年、不穏な「非国民作家」は愚鈍な国民国家といかに闘うだろうか。

Wednesday, January 02, 2019

『クルアーン』を読む(1)


正月は京都で過ごし、三十三間堂と国立博物館で運慶などの仏像を堪能してきた。天候に恵まれ、のどかな正月だった。元旦午後には京都駅南口のイオンモールのT―JOYで、映画『ボヘミアン・ラプソディー』。年末に観たばかりだが、今年の最初の映画になった。2度目なので、台詞の字幕がかなり意訳しているのに気づいたり、飼い猫の表情の変化を愉しんだり、画面片隅の小道具に目をやりながら、フレディ・マーキュリーのWe will rock youを満喫した。


中田考監修、責任編集・黎明イスラーム学術・文化振興会『日亜対訳クルアーン』(作品社、2014年)


今年は『クルアーン』をゆっくりと読むことにした。

中公の世界の名著シリーズでコーランを走り読みしたのはいつだっただろうか。学生時代のような気もするが、よく覚えていない。内容も理解していない。読んだとは言いがたい。

作品社版は非常に丁寧な本づくりで、読み甲斐がありそうだ。何しろ、「正統10伝承の異伝を全て訳すという、世界初唯一の翻訳」でああり、最新の学知にもとづいた解釈で註釈がなされている。訳者による「序」の解説では、キリスト教の聖書や仏教の経典と比較しての、『クルアーン』の特徴が整理されている。


第1章 開端

毎日5回の礼拝で読むことが義務とされている章。アッラーを讃える短い章だが、「真っすぐな道」への導きを示している。「真っすぐな道」からして、すでに解釈・翻訳上の問題があるという。